浅草九倶楽部

お問い合わせ Contact

浅草九劇、御茶ラボのご利用に関するお問い合わせは、以下フォームボタンからご連絡ください。
担当者から追って連絡いたします。内容によっては返信しかねる場合もございますのでご了承ください。

個人情報保護方針をご一読の上、お問い合わせください。

*マークがついている項目は入力必須です

団体名・法人名
お名前*
フリガナ*
メールアドレス*
電話番号*
※ハイフン無し
お問い合わせ種別*
お問い合わせ内容 *
※最大1,000文字

その他不明点等に関しては、下記の番号・アドレスにお問い合わせください
浅草九劇に関するお問い合わせ
電話番号:03-6802-8459
メールアドレス:info_kyugeki@lespros.co.jp

御茶ラボに関するお問い合わせ
メールアドレス:info_ochalab@lespros.co.jp

  • 回数

  • 時間 《第1回》
    ① 7/16(土)10〜15時
    ② 7/17(日)10〜15時
    ③ 7/18(月)10〜15時

    《第2回》
    ① 7/16(土)16〜21時
    ② 7/17(日)16〜21時
    ③ 7/18(月)1 6〜21時

    《第3回》
    ① 11/4(金)18〜21時
    ② 11/5(土)10〜15時
    ③ 11/6(日)10〜15時

    《第4回》
    ① 11/3(木)10〜17時
    ② 11/5(土)16〜21時
    ③ 11/6(日)16〜21時

  • 参加費 18,000円(税込) 高校生以下:9,000円 ナイゲン観劇で更に1,000円引き

  • 定員 各回18名

2023年7月、浅草九劇にて、冨坂友さん(アガリスクエンターテイメント)の人気作品『いざ、生徒総会』を上演することが決定しました。

つきましては、キャスト選考を兼ねたワークショップオーディションを実施いたします!!


◇━━━━━━━━━━━━◇

いざ、生徒総会』作品概要

◇━━━━━━━━━━━━◇

2019年に初演し、人気を博して早速半年後に「国府台ダブルス」として再演した作品です。

アガリスクの代表作『ナイゲン』と同じ国府台高校を舞台に、制服自由化をめぐって揺れる生徒達の悲喜こもごもを4本の短編コメディとして描き、最後にその登場人物が一同に会す生徒総会に雪崩れ込む、連作短編集となります。

第1話「私の好きな制服」(上演時間:25分)

第2話「私服デート」(上演時間:25分)

第3話「優しい監査」(上演時間:20分)

第4話「制服廃止運動反対について考える会」(上演時間:25分

第5話「いざ、生徒総会」(上演時間:20分)

2023年の本作上演には、多くの10代の若い才能発掘の場になれるように、本年7月から複数回のワークショップオーディション開催を予定しております。

【公演概要】

劇場:浅草九劇(浅草)

日程(予定):2023年7月3日(月)~7月16日(日)


◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢
    割引情報
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢

\\\現役学生割引///

高校生以下:9,000円

本公演では、できるだけ実年齢キャストによる構成を目標にしています!

演技経験不問です!舞台に興味ある高校生たちの応募をお待ちしてます!!

\\\ナイゲン観劇割引///

2022年6月21日~26日ナイゲン公演(下北沢駅前劇場)を観劇された方は、さらに1000円割引!

※チケット半券の写真を撮り、添付してください。

※写真のない方は、割引適応外となります。

※割引は、1枚分のみ適応となります。

講師プロフィール
PROFILE

冨坂友(アガリスクエンターテイメント)

冨坂友

脚本家・演出家・アガリスクエンターテイメント主宰


小さいころから見ていた国府台高校文化祭のクラス演劇で演劇に出会い、高校卒業後にはオリジナルのシチュエーションコメディを創作するためにアガリスクエンターテイメントを旗揚げする。

ワンシチュエーションでの群像劇のコメディを得意とし、緻密な伏線回収による笑いと、俳優の魅力を最大限引き出す宛て書きに定評がある。

代表作『ナイゲン』は全国各地の高校・大学の演劇部、各種カンパニーで上演されている。

近年ではZOOMでの『12人の優しい日本人 を読む会』、舞台と映像で展開した『かげきはたちのいるところ』など。

受賞歴には黄金のコメディフェスティバル(2015)、サンモールスタジオ(2015)、門真国際映画祭舞台映像部門(2020)の最優秀作品賞など。

【講師コメント】

このたび、レプロさんと組んで『いざ、生徒総会』を用いた連続ワークショップ企画、そして浅草九劇での劇場公演を行う運びとなりました。

僕は出身高校の行事や生徒会活動を群像のコメディにしつづける、という謎活動をライフワークにしておりまして、この『いざ、生徒総会』もその一つです。制服自由化に揺れる高校の様々な生徒を描いた連作短編集となっています。

2019年に初演、好評につき半年後に劇場を大きくして再演した人気作品なのですが、いかんせん高校生ばかり出てくる演目なので、同じキャストで上演し続けることができません。なので新しい世代の方々と作りたい思い、広く出演者を募って新たなメンバーで再演をする運びとなりました。

また、それを前にしてワークショップを開講することにしました。プロデュース公演として短期集中で作るだけでなく、僕がコメディについて考えている方法を体験してもらったり、作中の人物に近い世代の方々のアイデアを取り入れることが必要だと思ったからです。

『いざ、生徒総会』を構成する4つの短編をそれぞれ3日間で作り上げながら、コメディとしてウケることと登場人物として筋を通すことの両立をお伝えしたり、逆に僕が若い世代のリアリティを学ぶ場にしたいと考えています。

公演への参加を希望されない、ワークショップだけをご希望の方の参加も歓迎しております。

新しい出会い、新しい創作を楽しみにしております。

申し込み方法
HOW TO APPLY

https://sgfm.jp/f/seitosoukai2023

※定員に達し次第、募集を終了いたします。

※応募多数の場合は、選考となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

※応募フォーム提出が、参加を確定させることではないこと、ご了承くださいませ。

※申込締切日以降に、参加確定か否かをフォームに記載いただいたメールアドレスにご連絡いたします。

お問い合わせ先
CONTACT