浅草九倶楽部

お問い合わせ Contact

浅草九劇、銀座九劇アカデミアのご利用に関するお問い合わせは、以下フォームボタンからご連絡ください。
担当者から追って連絡いたします。内容によっては返信しかねる場合もございますのでご了承ください。

個人情報保護方針をご一読の上、お問い合わせください。
WIRED HOTELのご利用についてはこちらからお問い合わせください。

*マークがついている項目は入力必須です

団体名・法人名
お名前*
フリガナ*
メールアドレス*
電話番号*
※ハイフン無し
お問い合わせ種別*
お問い合わせ内容 *
※最大1,000文字

その他不明点等に関しては、下記の番号・アドレスにお問い合わせください
浅草九劇に関するお問い合わせ
電話番号:03-5759-8009
メールアドレス:info_kyugeki@lespros.co.jp

銀座九劇アカデミアに関するお問い合わせ
電話番号:03-5759-8009
メールアドレス:info_academia@lespros.co.jp

  • 回数 全4回(全ての日程に参加可能な方に限ります)

  • 時間 2月2日(金) 
    ① 12:00〜16:00
    ② 17:00〜21:00
      
    9日(金) 
    ① 11:00〜15:00
    ② 16:00〜20:00
     
    16日(金) 
    ① 11:00〜15:00
    ② 16:00〜20:00
     
    23日(金) 
    ① 11:00〜15:00
    ② 16:00〜20:00

    初日のみ、お時間が違いますお気をつけ下さい

  • 参加費 32,400円

  • 定員 各クラス最大20名
    (応募者多数の場合は選考をさせて頂きます)

    応募条件
    18歳以上の「プロまたはプロを志す俳優」

    参加費
    30,000円(税抜き)
    税込み価格32,400円

    応募締切日
    2018年1月10日

多数のご応募ありがとうございました。

受付は終了いたしました。

銀座九劇アカデミアではこの度、阿佐ヶ谷スパイダースの主宰。長塚圭史氏を迎え、それぞれアプローチの違う2クラスのワークショップをご用意。

アナタの望むクラスをお選び下さい。

コース詳細(申し込みの際はどちらかお選び下さい)


小説・詩と走る朝の960分

「小説あるいは詩を、演劇的思考で読み解き、実際に劇世界に落とし込む過程を探る」

阿佐ヶ谷スパイダースの主宰・長塚圭史が、オリジナル・メンバーの俳優・伊達暁と共に、小説あるいは詩を、演劇的思考で読み解き、劇世界に落とし込む過程を探ります。

小説・詩の選定は、参加者が決まった時点で発表させてもらいます。また参加者に持ち寄って頂く可能性もあります。

毎週参加者に課題(宿題)を投げかけ、翌週のWSを更に充実させながら、瞬発力や閃きや好奇心を使って、じわじわと世界を構築するスタイルのWSです。グループで作品を発表するというような機会を設けます。


戯曲と歩く午後の960分

「既存の戯曲をテキストとし、分析、ディスカッションを経て、多様なアプローチで場面を実際に立ち上げ、表現の可能性について探る」

阿佐ヶ谷スパイダースの主宰・長塚圭史が、数々の作品を共に手掛けた演出助手・山田美紀と共に、既存の戯曲をテキストとして、分析、ディスカッションなどを重ねながら、様々な角度から戯曲を読み解き、実際に場面を立ち上げ、演劇表現の可能性を探ってゆきます。

戯曲の選定は、参加者が決まった時点で発表させてもらいます。毎週参加者に課題(宿題)を投げかけ、翌週のWSを更に充実させます。

じっくりと戯曲を読み込んでゆくスタイルのWSとなります。


【阿佐ヶ谷スパイダース主宰・長塚圭史コメント】

阿佐ヶ谷スパイダースが今年から劇団となりまして、新たな歩みを始めたわけですが、今回お話を頂きまして、これまでやったことのなかったワークショップも、やってみようじゃないかということで、このたび初めて開催致します。現在の阿佐ヶ谷スパイダースは非常に多様な集団になったということもあり、2つのクラスを設けます。午前の部は旗揚げから共に歩んできました俳優・伊達暁と共に、詩や小説から演劇を立ち上げる発想を刺激し合うクラスです。午後の部は多くの作品で私の演出助手を務めてきました演出助手の山田美紀と共に、戯曲を読み解きながら、場面を立ち上げて行くというクラスをやります。かなり違うスタイルになると思いますので、簡単ではありますが概要などを参照していただき、ご興味のあるクラスがありましたら、是非共に楽しみましょう。そうです。まずは楽しむということが第一ですからね。    阿佐ヶ谷スパイダース代表/長塚圭史

講師プロフィール
PROFILE

長塚圭史、伊達 暁、山田美紀、阿佐ヶ谷スパイダースメンバー

長塚圭史

1996年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ 谷スパイダース」を結成、作・演出・出演の 三役を担う。2008年、文化庁新進芸術家海 外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国 後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」 を始動、これまでに『浮標』『冒した者』『背 信』を上演。17年、新ユニット「新ロイヤル 大衆舎」による北條秀司の代表作『王将』の 演出を手がける。ほかに『ツインズ』『プレイ ヤー』『作者を探す六人の登場人物』。ドラマ では『グーグーだって猫である』『Dr.倫太郎』 などに出演。また、雑誌『BAILA』『婦人画報』 『Precious』で連載。TOKYOFM『yes!~明 日への便り』レギュラー出演。

現在、作・演出・出演も務める『かがみのかなたはたなかのなかに』が新国立劇場にて12月24日迄上演中




伊達 暁

1996年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」の旗揚げに参加。 劇団公演以外にも多数の舞台に客演するほか、近年はTVドラマ、CMナレーションなど、 映像にも活動の場を広げている。 TVドラマ:『山岸ですがなにか』(17年Hulu)、『裕次郎は死なない』(17年NHKBS)、 『ストリートワイズ・イン・ワンダーランド』(17年CX) 舞台:『髑髏城の七人』(17年、18年)、『カントリー』(17年)、 『新・幕末純情伝』(16年、17年)、『三億円事件』(16年) CM:Kawasaki、Z会、など




山田美紀

舞台スタッフ・ユニット「至福団」所属。2017年より「阿佐ヶ谷スパイダース」に参加。阿佐ヶ谷スパイダース、NYLON100℃などの劇団公演、その他プロデュース公演に演出助手として数多く携わる。最近の主な参加作品は、NYLON100℃「ちょっと、まってください」、シアターコクーン「陥没」(作/演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)、CATプロデュース「Glorious!」(演出/鈴木勝秀)、「蜘蛛女のキス」(演出/鈴木裕美)、阿佐ヶ谷スパイダース「はたらくおとこ」(作/演出 長塚圭史)、新橋演舞場「ガラスの仮面」(演出 G2)

お問い合わせ先
CONTACT

銀座九劇アカデミア

info_academia@lespros.co.jp